2015年エプソムカップ出走馬診断

エプソムカップのディープインパクト産駒の成績
過去5年で[2.1.0.3]という好成績ですが、2番人気以内が4頭いることを考えたら普通の数字かなとも思います。馬券になっている3頭は全て2番人気以内の馬なので、ある程度人気で判断してしまってもいいかなと思います。

サトノアラジン
高速上がり適性の高いディープインパクト産駒。古馬重賞初挑戦で鮮度はそれなりにありますけど、もっと鮮度があった3歳時の重賞成績が散々な挙句に、前走が同じコースをかなり上手く乗った後の1番人気なので、かなり期待値は低いですね。個人的には2~3着のイメージなので、頭で買う馬ではないかなと。

ヒラボクディープ
鮮度に忠実なディープインパクト産駒。もともとがオープン特別勝ち負けレベルだと思うので、そのオープン特別を人気薄で走ってしまったあとの重賞ではさすがに厳しい。

エイシンヒカリ
現状、オープン特別勝ち負けレベルのディープインパクト産駒で、特に鮮度があれば自分の格以上に走れるというタイプでもないと思うので、重賞レベルだと相手関係次第といった感じ。好走条件が揃っていた前走の勝ち方が案外だったので、重賞で通用するとは思えないんですけど、同じ東京のアイルランドトロフィーが強い競馬だったので、離して逃げてまっすぐ走ったら圧勝もあるかなと思っています。

アーデント
鮮度が落ちたディープインパクト産駒。かなり恵まれた前走が4着なので重賞では厳しいと思います。今回は楽→苦の流れになると思いますし。

ディサイファ
G3勝ち負けレベルのディープインパクト産駒。前年の勝ち馬なので、東京1800mはベスト条件だと思うんですけど、同じ東京1800mの毎日王冠の内容がいただけないので、そこまで強い馬じゃないと思います。にもかかわらず、たぶん得意ではないであろう外枠と57㎏でそこそこ人気なので期待値の低い馬かなと。休ませたのはプラスだと思います。

エプソムカップの最終見解はこちらのサイトをご確認ください。

2015年マーメイドステークス出走馬診断

マーメイドステークスのディープインパクト産駒の成績
過去5年で3頭が出走して2勝4着1回という好成績。勝った2頭は1000万勝ちからのグルヴェイグとオープン特別負けからのマルセリーナという全く違うパターンなので、相性が良いレースと見ていいでしょう。個人的には阪神2000mの重賞はディープインパクト産駒にとってはタフな印象ですけど、ハンデ戦ならって感じなんですかね。

マリアライト
重賞初挑戦で鮮度抜群のディープインパクト産駒。距離短縮もいいと思いますし、差し馬なので外目の枠もプラスだと思います。死角もないわけではなくて、関西遠征が初めてなので馬体重が心配(あまり減ってほしくない)なのと、前に行くと思われる馬が少ないので、展開面が難しそうですね。それに加えて1番人気になっているので、積極的に評価するべきか判断が難しい馬です。

マーメイドステークスの最終見解はこちらのサイトをご確認ください。

2015年安田記念出走馬診断

安田記念のディープインパクト産駒の成績
過去5年で[1.0.1.11]と決して相性が良いレースではないです。馬券圏内に入った2頭が9番人気と12番人気ですし、3番人気以内に支持された2頭は人気よりも走っていないので、人気馬は信用しないほうが良いかなという感じのレースですね。そもそも安田記念自体はサンデー系全体に相性が良くないレースでもあり。

ダノンシャーク
7歳と高齢なので当然鮮度が無いですが、能力上位なので騙しながら使えば好走できる馬。今回も内枠を引いて軽い休み明けで疲労が無いので、内有利な馬場になれば無難に走ってきそう。それでも勝ちきるイメージはないというか、この馬がG1を2つ勝つイメージが無いですが。

ミッキーアイル
ある程度人気になっているので評価が難しいですが、4歳馬ということもあり相対的に鮮度はありそう。少なくとも鮮度切れで不得意の重馬場だった昨年みたいになることはないと思います。この馬が勝つには逃げるしかないと思っているので、ここ2走と同じく控えるような競馬をしたら厳しいかなと思います。

リアルインパクト
ディープインパクト産駒が3歳時と7歳時に同じG1を好走すると思えないので、普通に考えたら消しでいいんじゃないかと思います。国内→海外で最後の鮮度を使い果たした感じがしますし。

フィエロ
1着は無いと思いますが、この馬が人気になるような低調なメンバーというのを考えると、2~3着はあってもおかしくはないかなと思います。この馬自体は鮮度が無いんですけど、他の馬も負けず劣らず鮮度が無いので相対的に考えて、印をまわしてもいいかなという感じですね。

ヴァンセンヌ
前走の短縮追い込みによる疲労とストレスを鮮度が上回れるかで評価が分かれる馬だと思いますが、僕は前走も評価していなかったように、能力自体に疑問があるので、最高に走れる条件が揃ったとしても馬券圏内は無いんじゃないかと思っています。前走は内がどん詰まりで走れなかった馬が多かったので、字面はあてにしないほうが良いかなと。

エキストラエンド
典型的な鮮度が失われたディープインパクト産駒。ただでさえ厳しいのに大外枠ということで、来る可能性はゼロに近いと思います。

安田記念の最終見解はこちらのサイトをご確認ください。

2015年鳴尾記念出走馬診断

鳴尾記念のディープインパクト産駒の成績
過去3年で[0.0.2.3]と出走馬自体少ないので参考になりづらいデータですが、わりと走っているかなという印象ですね。出走馬5頭中4頭が5番人気以内ということを考えると、走っていないとも取れますが。阪神2000m自体がタフすぎるので、ディープインパクト産駒が走るなら高速上がりなどの助けが欲しいところです。

クランモンタナ
鮮度がある時ならG3でも2~3着に来れる馬だと思いますが、比較的鮮度があった上に内有利の馬場で一番良いところを走っていた前走がお話にならなかったので、鮮度が薄れた今回も厳しい気がします。

鳴尾記念の最終見解はこちらのサイトをご確認ください。

2015年目黒記念出走馬診断

目黒記念のディープインパクト産駒の成績
過去5年で[1.0.0.2]と出走馬自体少ないので参考になりづらいデータですが、このレースに限らなければディープインパクト産駒は2500m以上では極端に回収率を落とすので、得意とは思わないほうが良いでしょう。ちなみに勝った小回り型のスマートロビンは1番人気でした。つまり、相手が弱かった可能性があるので、人気なりに走る可能性はあるという感じで考えれば良いと思います。

ファタモルガーナ
スマートロビンと同じく小回り先行型のディープインパクト産駒なので人気次第といった感じ。そしておそらく3番人気以内になりそうなので、本命とまではいかなくても相手には入れておいたほうが良い気がしますね。勝ちきるイメージはないですけど…。

ニューダイナスティ
休み明けから使い減りするディープインパクト産駒。オープン勝ち負けくらいがポテンシャルだと思うので、オープン好走後のローテーションでは厳しそう。

目黒記念の最終見解はこちらのサイトをご確認ください。

2015年日本ダービー出走馬診断

日本ダービーのディープインパクト産駒の成績
過去5年で[2.0.1.14]と出走頭数が多いのでそれなりに結果を出している感じ。3番人気以内は3頭のみで、2013年のキズナが1番人気1着、2012年のワールドエースが1番人気4着、ディープブリランテが3番人気1着という感じなので、人気になる馬は堅実に走るのかなと。人気薄だと2012年のトーセンホマレボシが7番人気で3着に走っていますが、この馬は先行して3着に粘ったように、瞬発力型のディープインパクト産駒ではなくて、小回り型のディープインパクト産駒なので、穴をあけるならそういう馬なのかなと思います。

サトノラーゼン
京都新聞杯は本命にしたように走れるタイミングだったんですけど、今回は疲労との戦いがあるので積極的に推しづらい馬です。重賞自体は2戦目なので、同じ京都新聞杯からのローテーションで勝ったキズナよりも鮮度はありますが、さすがにこの時期で9走しているというは走りすぎな気もします。瞬発力型のディープインパクト産駒ではないので、自分の能力分だけは走ると思うんですけど、上手く走っても2~3着かなと思います。1枠1番を引けたことはかなりのプラスだと思いますが、それが人気に反映されてしまっているので…。

ポルトドートウィユ
武豊騎手+ディープインパクト産駒+京都新聞杯経由ということで、若干キズナと被りますが、キズナはそれまでのレースでちゃんと勝って能力を示しているのに対し、この馬はオープン以上で勝てていないので、単純に考えて能力が劣ると思います。重賞を2走して鮮度も失われていますし、中途半端に穴人気になっているので、特に積極的に買いたい感じではないですね。

リアルスティール
皐月賞では3番手に評価したように、鮮度が失われつつあっても能力的に上なので走れる相手関係でした。今回は、その皐月賞で完璧な競馬をしてしまったことによる疲労が心配なのと、今年に入ってから重賞4戦目なので鮮度もかなり失われている感じ。以上を踏まえると、騎手も含めてドゥラメンテより上にとる要素がほとんどないので、勝つには内枠を引くしかないのかなと思っていたんですが、外枠になってしまったので無難に2~3着に走るのかなというイメージです。

日本ダービーの最終見解はこちらのサイトをご確認ください。

2015年オークス出走馬診断

オークスのディープインパクト産駒の成績
過去5年で[1.3.1.9]と1番人気が3頭もいる割に情けない成績。桜花賞を好走したディープインパクト産駒がオークスで人気になるわけですが、基本的に長距離は得意ではないのに加え、桜花賞経由だと鮮度が薄れていることが多く、人気を裏切りがちなのかなと思います。ちなみに全14頭出走して、人気を着順が上回ったのは、2013年エバーブロッサム(5番人気2着)、2012年ジェンティルドンナ(3番人気1着)、2011年ハッピーグラス(17番人気8着)の3頭しかいません。

アンドエッテ
重馬場のチューリップ賞を大外から追いこんで2着だった時点で、主流のディープ産駒とはズレるのかなという印象だったのですが、高速上がり勝負の桜花賞も上がり最速で追い込んできたので評価が難しい馬ですね。桜花賞は並の馬だったら12着くらいだったと思います。イメージ的にはレッドオーヴァルみたいな感じで、基本的に競馬が下手くそなので、わざわざディープ産駒が得意ではない条件で買いたくはないんですけど、レッドオーヴァルはそういう条件で走っている馬なので、余計に頭を悩ませる馬って感じです。こういう消耗が激しいレースをする馬はモロに反動が出ると思うので馬体重には気を付けたほうが良いですね。マイナスで出てきたら切っていいと思います。

クルミナル
重馬場だったチューリップ賞をちゃんと負けているあたりが、王道のディープインパクト産駒って感じの馬ですね。エルフィンステークス、桜花賞と上がり33秒台で好走しているように、今の東京の馬場には合いそうな感じ。桜花賞好走で鮮度が薄れてしまっているので特に強調材料もないんですけど、地力が上なので無難に走りそうなイメージです。ちょっと人気が読めないんですけど、1番人気とかで買いたい馬ではないですね。

コンテッサトゥーレ
劣化版クルミナルって感じの馬。クルミナルと大きく違うのは1400m適性を見せすぎているということですね。この手の馬ってだいたい桜花賞では飛ぶんですけど、3着に走ってしまったあたりが、桜花賞がいかに1400m志向なレースになったかがわかるかなと思います。まーオークスも同じレース質になるかもしれませんが、そうなったとしても桜花賞の1着2着には勝てないと思うので、評価しづらいですね。

ミッキークイーン
桜花賞を経由していないので他のディープインパクト産駒に比べれば鮮度はありますね。マイナス20kgでクイーンカップを激走後に忘れな草賞を勝ってしまったのをどう捉えるかが評価の分かれ目になりそうですけど、僕はなんとなく反動が出そうな気がしますね。いくらなんでも20kgは減りすぎだと思うので、輸送が下手という可能性もありますね。まー人気次第って感じですね。

ローデッド
重賞4走目で鮮度が無い状態。初重賞で2着になって以来、その後の2戦はパフォーマンスを落としているので、特に前走とメンバーに変化が無いここは厳しいでしょうね。

2015年ヴィクトリアマイル出走馬診断

ヴィクトリアマイルのディープインパクト産駒の成績
過去5年で[2.1.1.8]と可もなく不可もなくといった感じ。2勝は共にヴィルシーナで、2回目に勝った時が人気薄だったので単勝回収率は高いんですけど、ディープインパクト産駒がG1を2回勝つのは例外なので、そこをどう捉えるかがカギですね。

ショウナンパンドラ
鮮度抜群だった秋華賞でヌーヴォレコルトを負かした後に、鮮度が無くなったエリザベス女王杯で逆転されているように、鮮度が無いとG1では厳しいと思います。今回は大阪杯からの短縮というローテ自体は鮮度があるんですけど、既に1度G1を勝っているのでG1に対する鮮度が無いのが気になりますね。

スマートレイアー
2014年のヴィクトリアマイル以降、全て人気を下回っているように、鮮度を失って走れなくなった典型的なタイプだと思います。普通に消しでいいでしょう。ちなみに去年勝ったヴィルシーナも同じような戦績だったんですけど、この手の馬が好走するには、思い切って逃げるとか、馬場がめちゃくちゃ悪化するとか、外部要因の助けが必要になるので、買いたい人はそこを考慮して予想すると良いと思います。

2015年京王杯スプリングカップ出走馬診断

京王杯スプリングカップのディープインパクト産駒の成績
過去5年の出走馬はゼロ。東京の芝1400全体で見ると[18.14.14.78]で複勝率的には普通な感じですが、単勝回収率が38%とかなり低いので得意なコースとは言い難いですね。ちなみに全18勝中1番人気が16頭なので、1番人気以外は無条件で切るのもありかなと。

ヴァンセンヌ
鮮度ある状態だったら無難に走るタイプだと思いますが、4連勝の内容を見ても強いディープインパクト産駒って感じではないので、鮮度が薄れたここはどうでしょうかね。前走が上がり最速だったら左回りと右回りで強さが違うのかなというので片づけられるんですけど、勝ち方が微妙すぎてあれが最大のポテンシャルのような気がするんですよね。なので、ベスト距離ではないG2だと足らないような気もするんですけど、東京新聞杯と京王杯でどちらのメンバーが強いのかが微妙な感じなので取捨に困る感じですね。

サトノルパン
鮮度があるうちは無難に走るディープインパクト産駒。人気になるので馬券的な妙味はないタイプですね。今回は初の古馬重賞挑戦ということで鮮度があるほうだと思うので、この馬が得意な高速上がりが出る馬場になればといった感じ。

2015年NHKマイルカップ出走馬診断

NHKマイルカップのディープインパクト産駒の成績
過去5年で[1.1.1.3]と複勝率は高いのですが、単勝回収率31%複勝回収率85%なので、やや人気になりがちかなという印象ですね。1番人気は2014年に勝ったミッキーアイルのみですが、出走6頭中5頭が5番人気以内なので、複勝率の高さも特筆するべき数字ではないかなという感じです。

アヴィニールマルシェ
初重賞の新潟2歳ステークスで連対しているように、鮮度があれば重賞でも通用するとは思いますが、G1だとどうですかね。初G1ですが、東京の重賞を2回走っているので、そこまで鮮度は無さそうですね。前走を見る限り成長を全く感じないというか、この時期の3歳馬がマイナス体重で出てきたのはイケてないかと。藤沢調教師なのでちゃんと仕上げてくる可能性はありますが、順調に使われているとは言い難いので、今回は軽視でいいかなと思います。たぶんですけど最後方からいって何もできない感じの競馬になるんじゃないですかね。