2015年オークス出走馬診断

オークスのディープインパクト産駒の成績
過去5年で[1.3.1.9]と1番人気が3頭もいる割に情けない成績。桜花賞を好走したディープインパクト産駒がオークスで人気になるわけですが、基本的に長距離は得意ではないのに加え、桜花賞経由だと鮮度が薄れていることが多く、人気を裏切りがちなのかなと思います。ちなみに全14頭出走して、人気を着順が上回ったのは、2013年エバーブロッサム(5番人気2着)、2012年ジェンティルドンナ(3番人気1着)、2011年ハッピーグラス(17番人気8着)の3頭しかいません。

アンドエッテ
重馬場のチューリップ賞を大外から追いこんで2着だった時点で、主流のディープ産駒とはズレるのかなという印象だったのですが、高速上がり勝負の桜花賞も上がり最速で追い込んできたので評価が難しい馬ですね。桜花賞は並の馬だったら12着くらいだったと思います。イメージ的にはレッドオーヴァルみたいな感じで、基本的に競馬が下手くそなので、わざわざディープ産駒が得意ではない条件で買いたくはないんですけど、レッドオーヴァルはそういう条件で走っている馬なので、余計に頭を悩ませる馬って感じです。こういう消耗が激しいレースをする馬はモロに反動が出ると思うので馬体重には気を付けたほうが良いですね。マイナスで出てきたら切っていいと思います。

クルミナル
重馬場だったチューリップ賞をちゃんと負けているあたりが、王道のディープインパクト産駒って感じの馬ですね。エルフィンステークス、桜花賞と上がり33秒台で好走しているように、今の東京の馬場には合いそうな感じ。桜花賞好走で鮮度が薄れてしまっているので特に強調材料もないんですけど、地力が上なので無難に走りそうなイメージです。ちょっと人気が読めないんですけど、1番人気とかで買いたい馬ではないですね。

コンテッサトゥーレ
劣化版クルミナルって感じの馬。クルミナルと大きく違うのは1400m適性を見せすぎているということですね。この手の馬ってだいたい桜花賞では飛ぶんですけど、3着に走ってしまったあたりが、桜花賞がいかに1400m志向なレースになったかがわかるかなと思います。まーオークスも同じレース質になるかもしれませんが、そうなったとしても桜花賞の1着2着には勝てないと思うので、評価しづらいですね。

ミッキークイーン
桜花賞を経由していないので他のディープインパクト産駒に比べれば鮮度はありますね。マイナス20kgでクイーンカップを激走後に忘れな草賞を勝ってしまったのをどう捉えるかが評価の分かれ目になりそうですけど、僕はなんとなく反動が出そうな気がしますね。いくらなんでも20kgは減りすぎだと思うので、輸送が下手という可能性もありますね。まー人気次第って感じですね。

ローデッド
重賞4走目で鮮度が無い状態。初重賞で2着になって以来、その後の2戦はパフォーマンスを落としているので、特に前走とメンバーに変化が無いここは厳しいでしょうね。