2015年新潟大賞典出走馬診断

新潟大賞典のディープインパクト産駒の成績
過去5年の出走馬は全て6番人気以内で[1.0.1.3]なので、可もなく不可もなくという印象。この時期全体で見ても過去5年で[3.4.2.13]なので、こちらも可もなく不可もなくといった感じ。

アーデント
重賞では頭打ちな感じのディープインパクト産駒。上がりがかかったほうが良いタイプなので、先週の馬場と変わらないなら厳しいでしょう。

クランモンタナ
同コースの新潟大賞典2着があるように、このコース自体は走れる感じ。ただ、重賞の勝ち負けとなると鮮度が無いと厳しい気がするので、今回は特に買いたい感じではないですね。休み明けなので鮮度が無いこともないですが…。

ダコール
今年に入っての3戦が、日経新春杯5着、小倉大賞典3着、福島民報杯2着と、鮮度や条件に関係なく、自分の格の分だけ走っているので、今回も他馬と相対的に評価するほうが良いでしょう。気になる人は押さえても良いと思いますが、個人的にはリフレッシュ状態で小回りコースというのがベストだと思っているので、今回は積極的な買い材料が無い感じ。

パッションダンス
2年前のこのレースの勝ち馬なので、当然適性はあるでしょう。自分の能力以上には走らないタイプのディープインパクト産駒なので、現時点でどれだけ衰えていないかがカギになると思うんですけど、近走を見る限りでは勝ち負けは難しそうなイメージですね。前走で先行できたのはプラス材料だと思いますが、完全な前残り競馬というのを考えると物足りない内容でもあり…。

ラングレー
条件戦で走って重賞でことごとく人気を裏切っているのを見てもわかるように、良くてOP勝ちくらいのポテンシャルしかありません。上がりが速い競馬は得意なので人気になりそうですが、鮮度もないですし消しでいいと思います。期待値が低すぎる馬です。