2015年天皇賞春出走馬診断

天皇賞春のディープインパクト産駒の成績
過去5年で[0.1.0.3]で、連対したのは2013年のトーセンラー(3番人気2着)のみ。2014年は1番人気で4着のキズナを始め、3頭とも人気を下回っているので、決して得意なレースではないでしょう。トーセンラーは古馬G1初挑戦と京都適正の高さを見せていたのと1枠1番で走る馬だったので僕も本命にしたのですが、重賞も含めて京都でしか勝っていないように、あそこまで京都適正が高い馬も珍しいなという印象があります。

キズナ
去年は1番人気で4着でしたが、今年も人気になるんでしょうかね。前走の大阪杯で勝ちきれなかったのを見ても、明らかに鮮度が薄れている状態だと走れなそうですし、今年も消しでいいと思います。

デニムアンドルビー
良くわからない馬というのが正直なところですが、条件は関係なく古馬の混合G1で勝ち負けできるレベルの馬ではないでしょう。前走で走ってしまったのもマイナスですし、積極的に買いたい材料が無いですね。

ラストインパクト
小回り型のディープインパクト産駒なので、鮮度関係なく自分の能力以上には走らない馬。菊花賞や天皇賞春や有馬記念を見ても古馬G1では足らない印象ですし、去年この馬より先着した馬が6頭も出走予定なので、馬券圏内は厳しいでしょう。