2015年京都新聞杯出走馬診断

京都新聞杯のディープインパクト産駒の成績
過去5年で[2.1.2.9]なので、相性が良いレースではあるのですが、ベタ買いでは単勝回収率87%なので、普通といえば普通な感じ。ただ、馬券圏内に入っている5頭は全て5番人気以内なので、このデータを1~5番人気までに絞ると、[2.1.2.2]で単勝回収率174%になります。つまり、5番人気以内なら買いで、6番人気以降なら消しでいいかなと。

アルバートドック
格上げ戦で鮮度があった3走前のシクラメンステークスで2着になり、休み明けで鮮度があった2走前のゆきやなぎ賞を勝ちきり。そして初の重賞挑戦で鮮度抜群だった毎日杯が6番人気4着と、鮮度に忠実に走る馬。今回は重賞2戦目で鮮度が薄れたので人気なりの評価でいいと思います。

サトノラーゼン
ディープインパクト産駒の初重賞挑戦で鮮度抜群。未勝利勝ち時の2着が先週青葉賞を勝ったレーヴミストラルですから、能力的には重賞級と見ていいでしょう。上がりのかかる競馬でことごとく負けていて、速い上がりを出せる馬場で勝っているので、今の京都の馬場もプラスだと思います。唯一の不安点は使い込み過ぎているところですかね。

ジェネラルゴシップ
ディープインパクト産駒の初重賞挑戦ですが、500万条件でも頭打ちなので能力的に厳しいと思います。

ポルトドートウィユ
騎手も込みで人気になりそうですが、今年に入ってOPクラス3走目なので、鮮度が失われているうえに疲労も心配な状態。速い上がりの競馬は得意だと思うので、今の馬場はプラスでしょうけど、人気で積極的に買いたいという感じの馬でもないですね。