リアルスティール

共同通信杯、スプリングステークス、皐月賞と相手アップの流れで結果を残しているので鮮度のあるうちは安定して走ると思います。

特に皐月賞は、この馬にとっては得意じゃないと思われる中山芝2000mという舞台での好走なので、この世代の中では能力が上でしょう。

ベストの舞台は、33秒台の高速上りがでる東京or京都の2000m前後で、若いうちは2400mもこなせると思います。

年を重ねるにつれ不安定になり、最終的にはG2あたりをたまに勝つような馬になるんじゃないですかね。

基本的には人気になる馬なので馬券的な妙味はないですが、鮮度がある状態で3番人気以下になるようなら積極的に買ってもいいと思います。

(2015年4月21日時点の見解)

2015年皐月賞出走馬診断

リアルスティール
初G1なので鮮度あり。前走は1番人気で負けているので疲労も無いとは思いますが、上がり33秒台で好走しているように、基本的には京都・東京向きの馬。能力は低くないと思うので、3番人気以下なら買ってもいいかなと思いますが、1~2番人気で積極的に買いたい馬ではないですね。福永騎手が乗るというのも積極的に買いたくない材料だったりします。

ダノンプラチナ
G1は2回目なので鮮度はないですね。前走は比較的合う条件だったと思いますが、それでも3着に敗れているので能力的にどうかというのはありますね。朝日杯FS出走馬のその後を見てもパッとしないので、G1勝ちという実績は参考程度に捉えておいたほうがいいでしょう。1600mに高い適性を見せすぎているのを考えると、2000mの大外枠というのもマイナスな気がします。速い上がりが問われる高速の軽い馬場にならない限り厳しい気がしますね。